自然環境研究部

富士山を中心とした生物相の調査、動植物の生態や生態系の維持に関する研究と長期的・広域的なモニタリングを通じて、富士山の自然環境保全に資する研究を行なっています。

▼ 研究部の活動(研究成果など)▼

スタッフ

杉田 幹夫安田 泰輔北原 正彦大脇 淳田 隼人

スタッフ1顔写真

主幹研究員・部長  杉田 幹夫

専門分野:リモートセンシング、画像処理、応用計測学

陸域を対象に光学センサを使ったリモートセンシング研究に取り組んでいます。
衛星データから有益な物理情報を抽出するための手法開発、ミクセル解析の計算アルゴリズム開発、時系列衛星データの解析などを行っています。

研究課題 基盤研究
出張講義 宇宙から見る富士山
衛星画像から見る森林の変化

スタッフ2顔写真

研 究 員  安田 泰輔

専門分野:植物生態学、草原生態学、外来植物

富士山に生育する植物の広域的な分布を明らかにする研究を進めています。野外調査と統計的な解析から、分布構造の把握とメカニズムの解明、空間的な予測を行っています。近年はこれらの手法を応用して、外来植物の生態と分布の解明、駆除活動支援を行っています。

研究課題 基盤研究 富士山研究
出張講義 外来植物の影響と駆除活動

スタッフ5顔写真

専門員(研究)  北原 正彦

専門分野:昆虫生態学、保全生物学、チョウ類の生活史戦略

富士山の自然環境の特性や状態を昆虫のチョウ類を対象にして調査を進めています。特に青木ヶ原樹海や半自然草原などで、チョウ類の多様性様式や希少種の分布状況、それらの保全のあり方を調べています。最近は、温暖化や外来種の侵入による生態系の変化などにも取り組んでいます。

研究課題
出張講義 チョウ類からみた世界遺産・富士山の自然環境と保全

スタッフ3顔写真

非常勤研究員   大脇 淳

専門分野:昆虫生態学、保全生態学、群集生態学、里山、種の生態的特性

富士山は半自然草原、落葉樹林、亜高山性針葉樹林、高山植生など多様な自然環境を有しています。 この多様な自然環境を対象に、チョウ類、地表性甲虫、カミキリムシ類などを調査し、富士山の生態系の全体像の解明をめざします。

研究課題 基盤研究
出張講義 里山の景観構造とそこにすむ生物たち

スタッフ4顔写真

非常勤研究員  田 隼人

専門分野:哺乳類生態、行動生態学、有蹄類の社会生態、種間関係

富士山に生息する哺乳類を対象に、生態系保全のために必要な基礎生態情報を行動や群集の視点から解明することをめざします。高山帯に生息するカモシカの行動特性を直接観察や生体捕獲により調べます。また、カモシカやシカ、ノウサギの種間関係解明のために、採食生態や土地利用の調査も進めていきます。

研究課題 基盤研究
出張講義

助 手 勝俣 英里
前田 沙希

研究部の活動

今後、研究部の活動についての情報を追加していきます。