研究所概要

「富士山の過去(むかし)と現在(いま)を探求し、自然と暮らしを未来(あした)に繋ぐ」

本研究所は、日本のシンボル・富士山に様々な角度から光を当て、世界共有の財産として“守り”、“活かす”ための方策を科学的に追求しています。平成9年に開所した山梨県環境科学研究所で積み重ねた研究の成果に根ざし、さらに富士山の知を集積し、その情報・成果を発信しています。

所長挨拶

summary

組織

  • 所長

  • 副所長

  • 特別研究員

客員研究員

特別客員研究員


研究管理幹

    • 総務課
       

      • 総務

      自然環境
      研究部

      環境共生
      研究部

      火山防災
      研究部

施設

富士山科学研究所の建物は、周囲の景観との調和に配慮するとともに、太陽熱・ 地熱・光・水などの自然の恵みを最大限に利用した施設となっています。

施設概要ページはこちら

施設の規模
敷地面積/30ha
建物の概要
本 館 /2,501m2 鉄筋コンクリート造り(一部鉄骨一部 木造)地下1階地上3階
研究棟/3,429m2 鉄筋コンクリート造り地下1階地上2階
附属棟その他/466m2
合 計/6,396m2
本館
研究所を訪れる皆様に、富士山とその周辺の環境について「知り」、「考え」、「交流する」場を「環境教育・交流部」が提供しています。
  • ホール
  • 環境学習室(閉鎖中)
  • 環境情報センター
  • 会議室
  • 研修室
  • 談話室
研究棟
「自然環境研究部」、「火山防災研究部」、「環境共生研究部」の3研究部で研究を進めています。
生態観察園、自然観察路
自然と親しみながら、富士山麓の動植物や、地形の成り立ちなどについて学習することができます。
環境学習室(閉鎖中)
参加体験型の学習機器により、誰でも自由に楽しみながら環境について学べます。
研修室(80席 車椅子用2席)
双方向の学習機能を持ち、映像や実験を取り入れた研修や各種セミナーなどを実施します。
環境情報センター
幅広く収集した環境情報をわかりやすく提供します。
  • 図書閲覧コーナー
  • ブラウジングコーナー
  • 環境学習パソコンブース
  • ビデオブース

一般公開施設の利用案内

開館時間
午前9時〜午後5時 (最終入館は午後4時30分)
休館日
年末年始(12月29日〜1月3日)、臨時休館日

研究所パンフレットダウンロード

ここから、研究所のパンフレットをダウンロードすることができます。

日本語パンフレットPDFファイル: 1,849 KB)

English PamphletPDF File: 1,618 KB)