地域環境観察第7回にもどる


参加者の感想 「ふりかえりシート」から
  ※文章を完成させるかたちで書いていただきました。

【ふりかえりシート】から
○わたしが気づいたのは、
・去年見られたカイツブリやオシドリはいなかった。暖冬により南下してきているカモが
 今年は少ない。気づいていなくても、暖冬による影響は大きいに違いない。
・鳥がたくさんいた。
・カモ?でも色々いるな〜。
・生活排水。
・意外にいろいろな鳥がいた。
・水鳥が思ったよりたくさん河口湖にいたこと。
・思ったより多くの鳥がいた(23種類)
・種類が多かった事です。
・鳥の生態。トビが魚をとる。
・冬なのに湖にとりがたくさんいたこと。
・水鳥がたくさんいた。マガモがたくさんいた。
・週末の朝に散歩を兼ねたイベントgood!

○わたしがおどろいたのは、
・おしりが上を向いているのカモやガンはうまくもぐれないが、横・下を向いているオオバン
 やカワウは得意である。食べる物によって体の形に違いがあること。あらためて気づいた。
・人になれた鳥がいた。おしりの形がちがい、上に向いている鳥がいた。
・数の多さ。
・思っていた以上にゴミが少なく、湖水もきれいだったこと。
・ヨシが風に揺れる音、とてもきれい。耳をすました。ヨシガモがとてもきれい。
・鳥によって色々な特徴がある。しっぽのたっているのはもぐれない、しっぽのねているのが
 もぐれることを知った。
・オスがきれいでメスは保護色で目立たない。
・よく見ると色がきれいで、それぞれの鳥が決まった色で少しずつちがうのにおどろいた。
・アオサギがとても大きかった。
・サギが大きいことにおどろいた。水鳥が約1000羽(説明受け)
・鳥の羽の色彩の美しさにはふしぎを感じました。
・よくもぐる。
・ヨシが湖を浄化していること。
・ゴミが多い。
・よくゴミがおちていた→ペットボトルが多かった!
・野鳥の説明を伺いながら、観察する楽しさ。
・いろいろな鳥がいたこと。
・野鳥は美しい。

○わたしがこれから実行しようと決めたのは、
・身近な鳥を観察してみること。1人で図鑑を見ながらもいいけど、野鳥の会にも参加してみ
 る。
・ゴミをすてない。もっといろんな鳥を見たい。
・湖畔を歩く。
・タバコのポイ捨ては絶対にしない。
・部屋の中でも自然観察ができるということも教えて頂き、これからは自然を見る目が変わっ
 てきそうな気がします。楽しみたいと思います。同時に環境のことも考えられたらと思って
 います。
・日頃からよく鳥を気をつけてみようと思った。
・鳥をみるとこの鳥は観察会でみたかどうかを確認したいと思う。
・バードウオッチング。
・今までは山野鳥しかみていなかったのですが、水鳥の観察も楽しくなりました。
・スコープを買おう!ガイドブック一冊!
・もっと環境をきれいにしようと思った。
・ゴミをすてないようにする。
・これからも野鳥の観察に参加したい。
・時々見に来ようと思いました。

○そのほかに思ったこと、考えたこと、書いておきたいことは、
・小学生から、年輩の人がいて、よかったと思います。説明も丁寧でした。短い間でしたけど、
 ありがとうございます。また、機会があったら参加したいです。
・夏の探鳥会はないの?
・とても寒い日でしたが、ありがとうございました!
・水が少しずつ汚れているのか、ヨシや柳が汚れていてびっくりした。鳥だけでなく、自然観
 察の参考になり、とても有意義であった。有り難うございました。
・鳥の住みやすい環境とそうでない環境があって、住みやすい環境さえあれば鳥はいくらでも
 集まってくることがわかった。河口湖にもオシドリが来られるようにしたいと思った。
・キンクロハジロがペアでいるところを見ることができて良かった。ヨシガモを見ることがで
 きて良かった。
・また機会があれば参加させていただきたいと思っている。
・本日は大変楽しい1日でした。講師の皆様により良くわかりました。次回も参加したいと思
 います。
・サギとつるの違いは、つるは木に止まる。白サギは三種類いて、大サギ、中サギ、小サギ。
・何気なくみているが、いろいろな生き物が生きている。自然を大切にしなくてはいけない。
・きれいなところに鳥がいる。むれでいる鳥とそうでない鳥がいた。
・自然の大切さを感じた。

【湖畔観察シートから】
○水辺の様子(水草・砂浜・岩場など)は?
・鳥の巣がない。
・ヨシ、モグラ塚があった。
・ヨシの汚れ→水の汚れ、柳の枝から根が生えている。
・波がなくきれいだった。
・ピシピシ音(ヨシに波があたった音)。
・アシが生い茂り、水の流れがおだやかでした。
・アシ、自然、バランス→水をきれいにする。
・湖に雑・排水が流れ込むのが気になります。

・ヨシは大切に守りたい。
・湖畔にこれほど遊歩道が整備されていること、地元にいて知らなかった。いいか、悪いか、
 素人が野鳥を見学するには多分いいが、鳥にとってはどうか、経済性も考えなければならな
 い。

○道路周辺の様子は?
・良い。
・鳥が住みやすい場所があまりない。
・人工物が多い。

○ゴミなどの様子は?
・多い。
・釣り糸が捨ててあってよくない。ペットボトル、ゴミが散乱している。
・排水があったり、少々汚い。
・わりあいきれいでした。アシの中にはカミやペットボトルが落ちていました。
・ペットボトル、タバコ、かしのゴミ。
・少々気になりました。
・以前よりは大分減った。

○観光と自然とのバランスは?
・開発、周辺整備はこのくらいが限界では・・・。
・もっと鳥を増やせば、いい観光客も来るのでしょうか?
・バスの回数が少ない。
・難しい。
・人間が手を加え、環境を変えることで、動物が住めなくなる。いかに最低限の工夫で自然を
 残すか!
・歩きやすさを優先させたために、カヤが姿を消した。開発と保護の難しさ。エコツーリズム
 の推進をしていくべき。


地域環境観察第7回にもどる